友松会について
活動内容
事務局より
お知らせ
関連リンク
横浜国立大学
横浜国立大学同窓会連合
工学部同窓会連合
富丘会
  YNU校友会
横浜市
神奈川県

問合せ入会申込み

制作・著作 友松会

トップページに戻る
   

          会 長 挨 拶    トップページへ戻る
   

平成29年度 友松会スローガン

深まろう 高まろう

つながる会員 つながる大学
  
 平成29年度 友松会 総 会

平成29年6月24日(土)

場所 茅ヶ崎コミュニティーホール

   


芦 川 会 長

総会挨拶【全文】


 


 

 「つながる会員 つながる大学」への行動を【 要 旨 】
                        
                           友松会会長 芦 川  

本日は横浜国立大学学長長谷部勇一様をはじめ、教育学部副学部長加藤圭司様、茅ヶ崎市教育委員会教育長神原 聡様、YNU校友会会長杉田 亮様、富丘会理事長宮田芳文様、名教自然会会長井上誠一様など多数のご来賓の方々のご臨席をいただき、本会が盛大に開催されますことを心よりお礼申し上げます。

 ここ数年、友松会を取り巻く環境は大きく変わってきています。平成26年度に大学を主体に「大学及び学生が実践的学術の国際拠点を目指し、さらに大学の独自性や存在意義などを発揮できるようになる。」ことを目的に、YNU校友会が発足しました。それと同時期に友松会も「学生に大学在学時から横浜国大生であるという意識を持たせ、かつ、育て、それを同窓会に引き継いでいく。」ことをねらいにして、新1年生を対象に学生会員の会員募集を行ってきました。本年で3年目を迎えますが、友松会としては、学生の学部全体支援、就職支援、特別講座開設の支援などを積極的に行ってきました。さらに、学生支援の一環としてこの3月、初めての試みとして、卒業式後「卒業生を送る会」を開催しました。150人を超える卒業生、大学の先生の出席を得、盛大に開催することができました。
 また、今年度、学部改編が行われ、学部が教育人間科学部から教育学部に変わりました。これによって、学部の使命は教員養成を主目的になります。友松会としても、転換期を迎えた大学とともに新たな環境のもと、新たな展開の必要性を認識しなければなりません。

<中略>

今年度は、本日の総会を初めに、来る10月14日()には今年度、第1回「横国day」が常盤台キャンパスを会場に開催されます。これは、今までのホームカミングデーに代わるイベントを大学主催で、午後から開催されますが、午前に友松会では従来のように「豊かな教育を考える会」(第24回)を開催し、松沢研究奨励賞受賞者の研究発表・研究協議を予定しております。参加者の皆さんと真摯に教育について語り合うことも意義あることではないかと思います。さらに当日は各同窓会、大学ともに盛り沢山な講演、パネル展示、キャンパス探訪なども計画しています。また、例年のように、参加者が一堂に会しての交流会を予定しています。同期、サークル、ゼミ仲間と旧交を温めるいい機会となるかと思います。ぜひ大勢のご参加を期待しております。

なお、本日は松沢研究奨励賞の受賞者のお二人とともに、卒寿を迎えられた方々のご出席をいただいております。長い間、友松会会員としてご尽力いただきありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

最後になりましたが友松会員の皆様方のご健康とご多幸を祈念し、本日ご出席の方々に感謝申し上げ、挨拶といたします。