支 部 レ ポ ー ト

各支部の現状がわかります










会長のご挨拶
友松会について
事務局より
お知らせ
関連リンク
横浜国立大学
横浜国立大学同窓会連合
工学部同窓会連合
富丘会
  YNU校友会
横浜市
神奈川県

トップページに戻る



制作・著作 友松会

 
    【 友松会活動内容  (会則・個人情報保護規定) トップページへ戻る
  本 部 活 動    

  本部活動として次の常任理事会、各部の事業等を中心とした活動を展開しています。


  (1) 総務部

   友松会百十余年の灯を継続、発展させるためにも会員相互の意識の昂揚と結束が
  求められています。
  1. 緒会議の企画運営と効率化 
  2.母校との連携と情報入手 
  3.各部会相互の連絡調整 新春のつどい等、親睦の会の企画運営  
  4.活動の基本になる会則、規則、細則等の見直し、など会の円滑な運営に心がけ、
    活性化を計っています。


  (2) 経理部
   主たる分担業務は、本部の経理事務、年度予算・決算を担当しています。 そのため
  事務局と常時連携を計り、会の運営の円滑化に務めています。部会で課題の検討を
  図るほか、会費の納入状況の確認ならびに支出状況の把握等、会計整理の活動を
  行っています。
   特に、年度予算案の立案と決算に関する活動は、会の活性化や発展を図る意味で
  も重要な会務と考えています。


  (3) 弘報部
 
   ○会誌「友松」の発行
   
 主な業務として、友松会会誌「友松」の編集・発行・発送を行っています。 友松会
   会誌「友松」はB5版で、毎年6月に発行を予定しています。

   
○会誌の主な内容
   
 大学教授の寄稿、会員の教育論考、人生についての考え方等を軸に構成してい
   ます。また、「豊かな教育を語る会」(研究・研修)報告、「松沢賞受賞者」論文、 同期
   会報告、支部だより等の会員相互の情報、 総会、新春のつどいの報告、各年度の
   会務会計報告、会員の消息、組織名簿等を掲載し、豊かな会誌にするよう努力して
   います。

   ○HPの内容充実と更新
    行事日程、諸会議の概要報告、友松だより等を掲載し、会の概要を掲載しています。

 (4) 研修部
  研修部は次の2点を事業として活動しています。
  
 1.松沢賞受賞者の選考
     
研究奨励基金は、本会の元顧問・ 相澤義雄氏 (大正13年卒) が、叔父の松澤高
     次郎氏
(明治13年卒)の意志を顕彰するために寄付された基金、 吉田太郎氏、水戸
     部正男氏、大浦美代子氏の寄付金を充てています。昭和40年より実施。対象は、
     会員の個人、 または会員を中心とした団体としています。受賞者には、賞状と記
     念品を贈呈しています。
   
2. 豊かな教育を語る会の企画と運営
   
    松沢賞の受賞者を囲んで、教育の課題や諸問題について語り合う会を、平成
       6年から毎年、秋に実施し、神奈川の教育の充実進展に寄与しています。

  (5) 組織部
      県下45支部の現職 (校内)会員と、退職(校 外)会員が支部長を中心に支部役員会
    を構成し、 支部の活動を展開していますが、組織はその活動を支援し組織強化につ
    なげています。
     会員名簿を作成し、会員個々の情報を本部に集約し、コンピュータに入力データー
    化しています。それにより、全会員と本部との連繋を図っています。


 支 部 活 動

   
 県下(東京を含む)45支部の組織による、会員相互の情報交流や親睦を図ることを中
   心にした支部活動を行っています。


 同 期 会 活 動

   卒業時に同期会を組織、世話役を中心とした情報交流や親睦を図る活動がです。

    
(未組織の「期」は1日も早い組織化が期待されています)



             
    

         


     



役員・常任理事名簿 ( 平成28年~平成30年 )
 役 職 氏  名   卒年 役 職  氏  名  卒年
名誉会長 杉 山久仁子学部長 S60(教授)  弘報  片 山 俊 彦 S44
会 長  芦 川   弘 S38  坂 間 正 夫 S48
副会長  髙 橋 和 男 S46  伊 奈 美恵子 S39
  横 山 吉 雄 S46  鶴 田   櫻 S43
  森 本 久美子 S45  兵 藤 嘉 子 S50
門 井 富士夫 S49  森   一 司 S51
石 黒 利 昌 S49  角田祐造 (HP担当) S34
  石 川   正 S43  -  - -
  荻 田   誠 S51  研修◎  山 本 玲 子 S42
  野 村 啓 子 S45  〃○ 三 浦 和 弘 S44
総務◎  中 島 みどり S49  〃○ 廣 田 善 幸 S44
〃○  小 池 弘 子 S39    福 島    紘 S39 
〃○  丹 藤 雄 二 S49    落 合 英 雄 S49 
  塚 田 庸 子 S38    中 野 惠 子 S48 
長 尾 友 子 S50    三 河 紀 子 S42 
金 子 やちよ S50    細 野   博 S46 
南 雲 成 二 S53    幸 栁 幸 一 S38 
阿 部 芳 雄 S53  組織◎   大河内 玲 子 S42 
土志田 誠 人 S38  〃○  浅 羽 幸 雄 S46 
経理◎  長 田 尚 夫 S41  〃○  寺 本 幸 子 S47 
〃○ 山 野 博 司 S40  〃  堀   義 行 S52 
〃○  常 木 初 野 S49    上 原 優 子 S44 
  上 條 雅 子 S49    加 納 多嘉美 S45
岩 本 順 子 S41    小 島 康 宏 S53
〃  水 上 勝 秀 S42     平 井 絢 子 S36
  三 浦 多香子 S51  〃   茅 花 英 司 S50
〃  和 泉 清 勝 S51    弓納持 嘉 子 S49
〃  海老名 雅 彦 S52    鈴 木    豊 S50
  丸 山 隆 司 S38    有 馬 禮 治 S38 
弘報◎  本 田    輝 S39    小 島 光 子 S44
〃○ 佐 野    威 S38    内 橋 英 子 S35 
〃○  小 坂 映 夫 S38  事務局長  齋 藤 有紀雄 S50 



        ※ 下の組織図はクリックすると大きくなります。

友 松 会 会 則   友 松 会 個 人 情 報 保 護 規 程